はちみつダイエット」カテゴリーアーカイブ

寝ている間に脂肪が燃える「はちみつダイエット」

食事制限や運動で努力してもやせない人の特徴

努力してもなかなかやせない

努力してもなかなかやせない

眠りが浅く就寝中に体脂肪を燃やす若返りホルモンが減少している
ちまたでは、「やせる」というダイエットでも私にはなぜか効かない…という人は多いものです。そのうちにダイエットで成果がでないので嫌になってやめてしまいます。

食事制限や運動をしっかり頑張っているのに、やせられないのはなぜでしょうか?その答えは、「夜によく眠れていないから」でしょう。

実際、太っている人に限って、睡眠時問が短くて眠りも浅く、途中で目が覚めてしまうなど不眠の悩みを抱えているものです。つまり、睡眠の質が悪いのです。

睡眠中は体脂肪がよく燃える時間帯

人問は、日中と夜ではホルの分泌パターンが異なります。夜は、睡眠を取ることで、脳から「成長ホルモン」が分泌されます。「寝る子は育つ」というように、成長ホルモンは成長期の子供の発育を促すことで知られています。しかし、実は、大人でも成長ホルモンが分泌されており、日中に傷ついた骨や肌、筋肉など体の組織を修復し、再生する作業に携わっています。

そのため、成長ホルモンは、「若返りホルモン」とも呼ばれています。身体組織の修復・再生作業にはエネルギー源が必要になります。体内に貯蔵されているグリコーゲンや脂肪がエネルギー源として使われます。

つまり、質のいい睡眠が取れていれば、睡眠中に体脂肪が燃えて消費され、通常の生活を送っているかぎり、太ることはないのです。ところが、眠りが浅く睡眠の質が悪いと、若返りホルモンが十分に分泌されないため、体脂肪が消費されません。その結果、食事制限や運動を頑張っている割に、あまりやせられないという事態を招いてしまうわけです。

入眠3時間後に成長ホルモンの分泌がピークになる | 質のいい睡眠のための条件

はちみつダイエット

はちみつダイエット

寝る前にはちみつをぺろっとなめればよく眠れる

ところで、脳が若返りホルモンを十分に分泌するためには、脳自体にもエネルギー源(ブドウ糖) が必要になります。ブドウ糖は、体内に吸収されると肝臓にグリコーゲンとして蓄えられ、必要に応じて脳に送られます。しかし、夕食を食べすぎて糖質過多になると、すい臓からインスリンが大量に分泌されて、脂肪が蓄積されやすくなります。

そのうえ、成長ホルモンの分泌が阻害されてしまうのです。過度な糖質制限も、肝臓のブドウ糖が空っぽになってしまい、脳へ供給するために筋肉を分解してブドウ糖を作り出さなければならなくなります。

朝、目覚めたときに疲れが取れていない、頭がすっきりしないという人は要注意です。睡眠中に肝臓が空っぽになっていると脳のエネルギーが不足して、深くて質のいい睡眠が得られないので、若返りホルモンの供給が減ってしまう可能性が考えられます。

 

そこで、ダイエットを成功させるために、私は、就寝前に適度なエネルギーを補うことをおすすめしています。そのエネルギー源として最適な食品が「はちみつ」なのです。

はちみつは、ハチ由来の酵素でショ糖から分解されたブドウ糖や果糖が多く含ヰれ、ハチ由来のたんばく質、糖や脂肪の消費を促すビタミンB群、多種のミネラルなりを豊富に含んでいます。

はちみつの糖質量は、砂蛤よりやや低い程度ですが、血糖値の上昇を抑える効果が太り、すい臓や肝臓に直接作用すると考えられています。ノンスリンの分泌を抑える効旦や中性脂肪を軽減する効果も認められており、就寝前の肝臓へのエネルギー補給としで最適だと考えています。

さらに昔から咳止め薬としての効果も認められているため、睡眠の質改善に一役買っていると考えます。

私自身、寝る前に大さじ1杯のはちみつをとる「夜はちみつダイエット」をはじめとするいくつかのダイエット法を試みたところ、効率よく減量でき、合計で約25キロのダイエットに成功した経験があります。私の友人も、夜はちみつダイエットを4年問続けたところ、体重が17キロ以上減り、驚くほど高かった中性脂肪値が正常化しました。

はちみつ(抗酸化作用が強力な天然甘味料)の代表的な4つの効能 | パワー