夜食で太らない3つの法則

ダイエットでは、夜遅い時間でもお腹がしっかり空いていれば食べてOKです。ただ、寝る前の食事は胃腸に負担がかかりやすく、体脂肪になりやすいので工夫が必要です。
お腹は空いたけど、とくに食べたいものがないのなら、夜食は脂肪になりにくいものを選びましょう。
基本的に、「水分の多いもの」「温かいもの」「小麦粉を使っていないもの」は太りにくいので、夜食もこの3つの条件に合ったものが理想的です。
コンビニで選ぶならリゾットお茶漬け、おでん(つみれ・大根・昆布)などがいいでしょう。
温かいスープ春雨なども低カロリーで食物繊維が多くおすすめです。深夜にちょっとだけ甘いものが欲しい場合は、ぜひ豆乳ココアがおすすめです。
体を温めて代謝アップに役立つだけでなく、安眠効果も期待できます。甘味が欲しい場合は、ハチミツを入れるといいでしょう。おしるこもおすすめです。小豆の食物繊維とカリウムが余分な脂肪や水分を排出しやすくしてくれます。また、小豆は、味付けが多少甘くてもそれほどカロリーが高くないのがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください