やせると思って食事をする習慣をつける

ダイエット成功のカギを握っているのは、「気持ち」の部分が大きなウェイトを占めます。人は思った通りになるので、「こんな時間に食べると太るかもなぁ」と思いながら食べると、脳は体脂肪を増やすホルモンや代謝を下げるホルモンを分泌させてしまうといわれています。
逆に、好きな人とおいしいものを食べて、幸せを感じたときは多めに食べても意外と太りにくいものなのです。
これは、好きな人にトキメイてカロリーを消費するのと、好きな人といることで脳も満たされるので、太ることなど考えないから。
「好きな人がいない人はどうするの」と思う方もいるでしょう。けでも、大丈夫。本来食事は、感謝をしながら食べるもの。「これを食べればキレイになれる」「やせるわ、ありがとう」と食べ物に愛情と感謝の気持ちを持ちながら食べればいいのです。やせる! キレイになる! と思つて食べるのがダイエットの近道ですよ。
こういう考え方を宗教みたいでいやだという人もいますが、思うことはとても大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください