体にやさしい白湯ダイエット

マグカップ1杯分の水を40~50度に温め、10分かけて飲むだけの「白湯ダイエット」。元アイドルで現在はヨガスタジオを経営する干葉○子が提唱し、注目を集めています。

芸能界でも信奉者急増

やせたい。でもお金はかけたくない。体も動かしたくない。めんどうもいやだ。そんなワガママをすべて満たす、究極の痩身術が「白湯ダイエット」。

やりかたはマグカップ1杯分の水を40~50度(体温以上ならOK)に温め、からだをいたわるように、水分を全身にゆきわたらせるつもりで10分かけてゆっくりと、1日3回飲むだけです。白湯は水より吸収されやすく、体を冷やさず、胃腸の働きを活発にするので消化促進、便秘の改善にも働きます。
血液循環が良くなることで新陳代謝もよくなる。利尿作用で毒素が排出されてデトツクスにも効きます。

食事の前にゆっくり飲むと、食欲も抑えられる最高のダイエット法です。いいことづくめでラクにやせられるという仕組みです。とりわけアルコール好きにとっては、白湯を飲むことで胃腸に負担をかけずに肝臓の代謝を高め、血中アルコール濃度を落とせるので一石二鳥です。

二日酔いや胸やけからの回復も早くなります。大のお酒好き、おいしいもの好きで知られる山本○ナと深田○子がみるみる5キロもやせた、というので評判になり、江角マ○コ、宇多田ヒ○ル、牧瀬○穂… ‥・と芸能界に信奉者の輪がひろがっている。千葉は出産と育児を機にインドの伝統的なヨガを学び始めて、現地に修行滞在もしている。5千年の伝続を誇る伝統医療、アーユルヴェーダを学んでいるときに、白湯を飲むことで血液を浄化して脂肪を減らすデトツクス法を,身につけたそうです。

お湯なら無害だろうと、1日中何杯も飲み続ける人も出てきそうだ。しかし、尿にも汗にも塩分が含まれるから、大量に尿を出したり発汗しているのに水分だけを摂り続けると「塩分喪失」状態に陥ることもあります。白湯ダイエットにハマって、強い疲労感、頭痛、めまい、嘔吐、足がつるなどの症状がおきたら塩分を補給してみた方がいいかもしれません。

水分を適切に摂ることはデトックス効果が高くおすすめです。それを白湯にすることでさらに代謝アップさせるというものです。一時期は、水分を過剰に摂取するとむくみにつながるからよくない…と言われましたが最近、やはり水分が不足ずると、体の不調や美容によくないことがわかってきました。

白湯ダイエットで検索をかけてみたらダイエット以外にも血圧がさがったり、便秘が解消したりとうれしそうな効果が多数紹介されていました。

体にやさしい白湯ダイエット」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 飲みものは水を温めた白湯がベスト | 体温を上げる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です