揚げ物には果汁で油を無毒化

宴会やパーティーなどでよく見かける揚げ物。ダイエット中は避けたいところですが、どうしても食べたいときもあります。また、みんなで集まった時くらいダイエットのことは忘れて楽しみたいもの。そんなときこそ食べ合わせを工夫して、罪悪感なく食べましょう。とはいえ、質の悪い油で揚げたものはできるだけ避けたいところ。
油は高い温度の加熱や、時間がたつと錆びて(酸化して)いきます。ファストフードやファミリーレストランなどの揚げ物は、何度も使い回して酸化した抽で揚げたものがほとんど。この酸化した油は、太りやすいだけでなく、食べ過ぎれば体まで酸化させてしまうといわれています。
食べるなら、新鮮な抽を使った揚げたてを食べるのが理想的です。また、フライやヒレカツなら、パン粉を使わずにコマやナッツを衣にして揚げれば悪い油の吸収を抑えられるでしょう。
もともとゴマやナッツには油分があるので、揚げ油の吸収が少なくてすむのです。食べる際にも、抗酸化作用の高いビタミンC やクエン酸を一緒にとると、酸化した油を中和することがてきるのでオススメ。レモン汁をかけたり、生野菜のサラダ、居酒屋なら飲み物に生グレープフルーツサワーもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です