油を味方にする、現代人はオメガ9 系を積極的に摂ることで効率よく健康的に痩せる オメガ3、6、9について

油は、肌をキレイにしたり、冷えやお通じを整えてくれる女性の味方。キレイにやせるかどうかは、いかによい油をとることができるかにかかっています。
植物油は大まかに「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」の3タイプに分けることができます。「オメガ3 」は、現代人のほとんどが足りていない油で、良質な脂肪酸である「α-リノレン酸」を含んでいます。「オメガ6 」は、日常的にとられているもっともポピュラーな油で、サラダ油など、今ではあまりとり過ぎないほうがいいとされるリノール酸を含んでいます。
「オメガ9」は、オリーブオイルなどでオレイン酸を含みます。いちばんのおすすめは「オメガ3」です。含まれる「α-リノレン酸」は、脂肪の燃焼や代謝を助けてくれるダイエットの味方。「αリノレン酸」は油だけでなく、フルーツやナッツ類からもとることができます。キウイやイチゴなど種ごと食べることのできるフルーツは、少量ですが種の中に「α-リノレン酸」を含んでいます。
また、クルミや甘栗も「α-リノレン酸」を含んでいるので、間食や料理に積極的にとり入れましょう。
逆に、できるだけ控えたほうがいい油もあります。それは、常温で固まる油です。肉の脂身、バター、マーガリンなどは、血管の中で固まりやすいうえに、悪玉コレステロールを増やす要因にもなります。また、油もできるだけ自然なものがオススメ。「脂肪がつきにくい」「コレステロールを下げる」などの加工油はあまり積極的にとらなくてもいいでしょう。さらに、油は加熱すると酸化しますから、良質な抽:オメガ3 もできるだけ生のままとるように工夫するといいでしょう。

オメガ3 系

「α-リノレン酸」を含むオメガ3 系の油は、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを抑える働きがあります。また、体内の炎症を抑えてメタボやアレルギーを改善するのにも役立つといわれています。サラダや煮物にそのままかけたり、テフロン加エのフライパンでつくった炒め物の仕上げにさっとかけると、酸化せずによい油がとれるのでおすすめです。

オメガ6 系

体内ではつくられない必須脂肪酸のひとつですが、現代人はとり過ぎの傾向があります。悪玉コレステロールを抑えますが、とり過ぎると善玉コレステロールまで抑えるといわれており、体内の炎症を保進し、メタポやアレルギーの原因になるともいわれています。

オメガ9 系

髪や肌にうるおいをあたえるオレイン酸が含まれ、善玉コレステロールを増やす働きがあるといわれています。酸化しにくく、加熱調理にも使えます。オリーブオイルなら質のいいエキストラバージンオイルがオススメ。純度が高く新鮮なものほど抗酸化成分が多く含まれ、ダイエットや美容の役に立ちます。

これからは質のいい油(オイル)はダイエットに欠かせなくなるでしょう。

ロザーティ社 エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル
樹齢200年のオリーブから作られた年間生産わずか2万本の逸品。ローマ法王庁にも献上された、サビーナ産の樹齢200年のオリーブの樹から手摘みされた実を選び、24時間以内に絞った大変希少な逸品です。 これ以上ない高品質なオリーブオイルです。

最近、ダイエットに人気のチアシード(サルバチア)はオメガ3脂肪酸たっぷりの食物繊維です。ダイエット時に油を摂ることに抵抗がある人はこうした食物繊維を摂るのもおすすめです。
腸内に働きかけ、便秘改善にも効果があります。

サルバチアに含まれる栄養分は、豊富な青魚の油(オメガ3脂肪酸) のほか、14倍に膨らむ特別な食物繊維、タンパク質、ビタミン、ミネラルなど多種多彩。しかも、各栄養分の含有量はどれをとっても豊富で、他の食品を圧倒するほど。サルバチアが「奇跡の食品」、「完全食品」といわれるゆえんです。

なかでも第一の注目は、青魚の油(オメガ3脂肪酸) の豊富さです。青魚の油(オメガ3脂肪酸)は近年、医学会で大注目の脂肪酸です。少し専門的になりますが、青魚の油(オメガ3脂肪酸) は生活習慣病の予防や物忘れなど、幅広い健康効果が確認されています。

油を味方にする、現代人はオメガ9 系を積極的に摂ることで効率よく健康的に痩せる オメガ3、6、9について」への19件のフィードバック

  1. ピンバック: オンリーダイエットの真実「油抜き」 | Q&A形式によるダイエット情報

  2. ピンバック: 太らない油「オリーブオイル」の実力 | 30~40代ではじめる太らない体づくり

  3. ピンバック: 動脈硬化、ガンをはじめとした成人病やアレルギーの予防にもココアが効く | パワー

  4. ピンバック: 血圧が高い人は善玉のコレステロールを増やすのがポイント | 食事でもっと健康になる

  5. ピンバック: 植物性の油はたくさんとっても太らないのでしょうか? | Q&A形式によるダイエット情報

  6. ピンバック: 脂肪・油 | 血圧対策

  7. ピンバック: 骨粗鬆症に食べたい食品「小松菜」 | 健康メモ

  8. ピンバック: ビタミンE を多く含む食品 | ビタミンQ&A

  9. ピンバック: 体に蓄積されない油(サラダ油とオリーブ油) | 食べて健康

  10. ピンバック: ビタミンEをしっかり食事で摂りたい | ビタミンの効能・効果

  11. ピンバック: オイルは質が重要 | スレンダーを保つ考え方・習慣

  12. ピンバック: オリーブオイルを摂取する | 腸ストレスの影響と解消方法

  13. ピンバック: マカデミアナッツ油に含まれるパルミト レイン酸が、血糖値の急上昇を抑制し、 インスリンの効きも改善させることが判明 | 体にいいという噂

  14. ピンバック: オメガ9系を摂りたいなら脂肪酸が豊富なマカダミアナッツ油! | ヘルスマニア

  15. ピンバック: コレステロールを下げる調理法 | 健康メモ

  16. ピンバック: 摂取エネルギーを減らすための調理の工夫 | 尿酸値を下げて痛風を治すための知識と習慣

  17. ピンバック: 加熱調理の際にはオリーブオイルを使う | 便秘解消で解毒

  18. ピンバック: 生活習慣を変えることで血管のアンチエイジングを高める | 健康メモ

  19. ピンバック: オメガ3で体の調子を整える | 100種類のサプリメントの効能と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です