体を温めるものを取り入れるのが大事なポイント

体の冷えを防ぐには、体を温めるもの積極的に摂るようにします。できるだけ温かいメニューや温める食材をとり入れるのがポイントです。
体を温める食べ物は、「それ自体が温かいもの」「収穫時に地中に埋まっているもの」「寒い所でとれるもの」「香りの強い薬味」などになります。
「それ自体が温かいもの」は味噌汁やスープなどです。温かいものを体内にとり入れることで芯から温めます。具材に温め効果のある食材を使えば、効果も倍増するのでおすすめです。鍋料理は冬しかやらない!という人は、真夏に汗をしっかりかぎながらキムチ鍋をやると気持ちいいものです。

「収穫時に地中に埋まっているもの」はジャガイモやニンジンなどの根菜類。炭水化物抜きダイエットなどが流行してから避けられることが多いですが、冷え性の人にはとって欲しい食材です。マッシュポテトなどよりも肉ジャガやカレーのように、できるだけ原形に近いメニューで食べましょう。

「寒い所でとれるもの」はリンゴやサケなどです。同じフルーツや魚でも暖かい所でとれるものは、体を冷やしやすいので注意が必要。

「香りの強い薬味」はショウガやニンニク、ネギなどです。生の肉やカツオなど体を冷やしやすい食材と組み合わせるようにするとマイナスのポイントを補うことができます。

生姜は8つのポイントをおさればOK!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください