ひとりより大勢で食べる

忙しい人は、昼は職場の自分の席でおにぎりやパン、夜は、コンビニの弁当やラーメンなど、ひとりで食べる食事が多くなります。
食事はただ体に栄養をあたえるだけでなく、家族や仲間と会話しながら心にも栄養をあたえる時間なのです。それに、楽しくおいしく食べることで消化や代謝もよくなり、会話をすることで早食いも防ぐことができるのでダイエットには理想的です。

ひとりで食べるよりは、できるだけ沢山の人と一緒に食べるよう心がけましょう。外食は太るからと誘いを断るのはもったいないですね。
食べ方の工夫や翌日の調整をすれば、外食でも太りにくくなるでしょう。外食こそ、心に栄養をあたえるチャンス。普段あまり食べないものを食べて、やせるのに必要な栄養をとり入れましょう。
会社に勤めているなら、お昼はパソコンの前でパンをかじっていないで、仲間を誘って外で食事をするのもよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください