熱源も自然なものを選ぶ

仕事で疲れて自炊をしたくないときや冷凍食品を温めるときなど、電子レンジがあるととても助かりますよ。しかし、、太りにくい体を手に入れたいなら、使い過ぎには注意が必要です。
通常、火や熟を使って食べ物を加熱する場合は外側から温まりますが、電子レンジは、電磁波が食べ物の分子を振動させることで摩擦熱をおこし、その熟で食べ物を温めているのです。これだけでは、とくに悪い点はないように思えますが、問題はこの電磁波です。
電磁波によって食べ物が消化しにくく変化してしまうと、代謝が下がりやせにくくなってしまうといわれています。
食べ物と同じように、調理する熱源もより自然なほうが太りにくいのです。便利な調理器具ですから、まったく使わないというのは難しいと思いますが、おかずはオーブンで温める、味噌汁はお湯を注ぐタイプにするなど、自然な熱源を使う回数をできるだけ増やすよう心がけましょう。外食でも、炭火を使ったお店を選ぶといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください