脂肪燃焼がアップし、太りにくくなる蒸し生姜のダイエット効果(実際データも合わせて)

蒸し生姜のダイエット効果をより高めるなら運動の30分前に食べる

生姜は、漢方薬の生薬として用いられることも多く、古来より心身万病の妙薬として珍重されてきました。生姜には、ジンゲロールと、ショウガオールという、辛みのもととなる2つの成分が含まれています。このうちのショウガオールに脂肪燃焼を助け、中性脂肪値の上昇をおさえる働きがあることが確認されています。

生姜のダイエット効果の実証

実験に使用したのは、生の生姜を蒸してから干したものです。この蒸し生姜は、生の生姜に比べて、ショウガオールの量が格段に多く含まれています。生姜は熱を加えることによって、ショウガオールが飛躍的に高まる性質があります。蒸す工程によって、その性質を利用したのです。生姜を食べるときは火に通すようにしましょう。

実験には、蒸し生姜に加えて、ただ乾燥させただけの生姜と、生姜以外の食材(プラセボ=偽薬)も用いて、働きの違いを比較しました。

まず、6人の成人男性に、蒸し生姜を3グラムを摂取してもらい、30分間安静にしたのち、30分間の運動(ランニングを行ってもらいます。ほかの2種類に関しても、同様の条件で行いました。

その結果、通常の状態だと30分かかって得られる脂肪燃焼効果が、蒸し生姜を摂取したあとだと、20分で達成できることがわかったのです。ただ乾燥させただけの生姜よりも、その効果は早く現れました。

つまり、蒸し生姜を摂取してから運動を行えば、より効率的に脂肪を燃焼できることがわかったのです。

ちなみに、蒸し生姜は食べてから効果が現れるまで、30分問かかるようです。よって、蒸し生姜によって運動時の脂肪燃焼効果を高めるには、運動の30分前には摂取しておくとより効果的です。

脂肪の吸収をおさえ中性脂肪値を抑制

生姜のダイエット効果についてもうひとつ実験を行っています。

まず、6人の成人男性に高脂肪食(エネルギー854.8カロリー、脂肪約60%)を食べてもらいます。その直後に、蒸し生姜を3グラム摂取します。また、それとは別の日に、同じ条件で、生姜以外の食材(プラセボ)も3グラム摂取して、両者を比較します。

そして、血中の中性脂肪値の上昇の度合を調べます。高脂肪食を摂取する前と、高脂肪食を摂取した60分後、そして120分後と、複数回にわたって計測しました。

この結果、プラセボに比べて、蒸し生姜を摂取していた場合では、中性脂肪値の上昇を抑制することがわかったのです。脂肪分がたっぷりの太りやすい食事をとっても、蒸し生姜を摂取していると、太りにくくなることが期待されます。

つまり、少し食べ過ぎたときは、一緒に蒸し生姜を摂れば影響を最小限に抑えることができるということです。

これらの効果は、ショウガオールの働きが関係しています。ショウガオールが血中に吸収されると、神経伝達物質の1つであるアドレナリンの分泌が高まります。それが、脂肪の燃焼を促してくれると推察できるのです。

また、摂取した脂肪の多くすい臓は、腸内で膵臓リパーゼによって分解されます。分解がスムーズに進むと、脂肪が小腸で吸収されて、血液中の中性脂肪値を上昇させることになります。ショウガオールは、このすい臓リパーゼの働きを抑制するため、脂肪の分解が進まず、小腸からの吸収も低下すると考えられています。その結果として、中性脂肪値の上昇が抑制されるのです。

のように、ダイエットとい、義広から見たとき、蒸し生姜に多く含まれるショウガオールが、とても重要な働きをすることがわかってきました。

リバウンドのない健康的なダイエットをしたいのなら体の冷えを解消する蒸し生姜(生姜の使用感、口コミ)

脂肪燃焼がアップし、太りにくくなる蒸し生姜のダイエット効果(実際データも合わせて)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「気の滞り」が引き起こすこれだけの危険な症状 | 毒抜きで健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です