危険なダイエット食品!日本国内で認可された「やせ薬」は1種類だけ

日本で認可されているやせ薬には、厳しい使用制限が儲けられています。しかし一方、薬でやせたいという潜在的な願望は途絶えることはなく、輸入やせ薬・ダイエット食品は新しいモノが次々に発売されています。健康の落とし穴は、それらに生命を脅かすほど危険なものがあるということでし。

とりわけ中国ルートの製品は危険がいっぱいです。

日本国内で認められているやせ薬は「サノレックス」だけ

日本で認められているやせ薬は、たった1種類のみということを知っている人は意外にも少ないのです。そのやせ薬の名前は「サノレックス」です。保険適用もされますが、ただしBMI値35以上の人で最大3ヶ月(180日)しか使用できないという厳しい制限付です。

BMIとは国際的に通用する肥満度基準で、計算式は、BMl= 体重(kg)÷(身長×身長(m)です。成人でBMI値22のとき、もっとも理想的な体重とされています。

やせ薬サノレックスの効能は、によると、「食欲中枢を抑えるタイプのやせ薬で、副作用も少ないかわりにそれほど劇的に効くという薬ではない」と念を押します。

米国では認可されたやせ薬は約10種類あるが、サノレックスはそのなかでも、BMI= 25~30程度の軽症の肥満者に使用されています。にもかかわらず、日本で肥満の薬に射しこれほど厳しい制限付なのは、厚生労働省が医療費を抑えたいからだと思われます。

中国のやせ薬で死亡者も

その結果なにが起こったかというと、海外からの認可されていない、アブナイやせ薬・ダイエット輸入食品の流入です。とりわけ中国ルートのものが問題になりました。

劇症肝炎で運ばれてきた。女性は中国製のやせ薬「千之素こう嚢」を服用していました。同じやせ薬で同様の事件は数件続きました。翌02年、60歳代女性が同様の症状で死亡し、新聞報道される大騒ぎになり、全国に被害が拡大しました。

専門家がこの中国ルートのやせ薬を分析したところ、成分に食欲抑制剤フェンフルラミンが含まれているとわかりました。

フェンフルラミンとは、医師によると「月に5kgやせるという治験もある強力なやせ薬で、米国でも合併症として心臓弁膜症などを起こすとして発売禁止になっているもの」だそうです。
それを中国の業者が輸出向けやせ薬として製造したのです。この騒動が鋸静化したからといって根が絶たれたわけではありません。しばらくすると、中国製のエフェドリン、サノレックス入りのやせ薬が出回りました。エフェドリンは交感神経を刺激し、脂肪細胞に働きかけやせるというタイプです。さらに06 年、やはり中国製の甲状腺ホルモン入りの輸入ダイエット食品が原因で中毒症を起こした患者が、病院に運ばれるという事件が起こりました。

甲状腺ホルモンは代謝を活発にし、やせる効果を促進させます。まったく手を替え品を替え、危ない輸入やせ薬は出回るというのが、やせ薬を取り巻く現状です。「輸入ダイエット食品・やせ薬は決して安全な食品ではない。インターネットでは掲示板などで、いろいろなダイエット食品の実際の効果について情報交換をし、危険を承知でやせ薬を購入している人たちがいますが、じつはそこに大きな落とし穴があります。

痩せる薬は危険性がたかいのですが、食欲抑制剤はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください