ビールはおなか周りが太くなるだけでなく体重も増加する

ビールをたくさん飲み続けることで、お腹がぼっこり出てくる「ビール腹」。ビールの本場、ドイツで約2万人を対象に行われた調査で、ビールを大量に飲むと、特に男性でお腹が出ることが確認された。また、お腹だけでなく、体重も増加していた。
1日に飲むビールの量を開き、8.5年後に腹囲を調べた。すると、大量に飲む男性(1000ml以上)は、少なめの男性(250ml未満)に比べて、腹囲が増加するリスクが17 %高かった。
女性では多く飲む人(250ml以上)でリスク増加は見られなかった。
しかし、少し飲む女性(125ml未満)に比べて、全く飲まない女性は、リスクが12% 低くなっていた。飲まない人の方がウエストサイズを維持しやすいわけだ。ちなみに、この「ビール腹」は、体重の増加に裏打ちされていることもわかった。つまり、お腹だけでなく全体的にも太るのだ。ビールのカロリー350ml缶で約140kcal。カロリーも気にしつつビールを楽しみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください