間食は我慢せずにストレス解消の時間とする

ダイエット中の間食は我慢するのが常識ですが、我慢してストレスを溜めるよりは食べることをおすすめしています。
ただし、何でもいいというわけではなく、脂肪を燃やすのに役立つ栄養を含むものを選ぶことで、心と体の両方に栄養をあたえることが大切です。
選ぷポイントは、できるだけ加エされていないもの。甘栗やドライフルーツ、ナッツなど原形そのままのものが理想的です。

凝縮されるので生より食物繊維が圧倒的に増加(ドライフルーツ)

もう少しお菓子っぼいものが欲しいなら、小麦粉を使用していない大福、チョコレート、ゴマせんべいなどがおすすめです。
低カロリーで栄養価がうりのスナックバーなども、小麦粉を使っていないものなら間食にオススメ。

ナッツやドライフルーツの入ったものならさらにいいですね。ただし、食事の代わりにはなりません。間食をするタイミングも重要。糖を脂肪に変える働きをするホルモンが、もっとも少なくなる午後3時が間食をするにはベストです。また、食べるときも、仕事をしながらやテレビを見ながらだと、自分がどれだけ食べているかもわからず満足感も得られないもの。飲み物と一緒に、きちんと食べ物と向き合って食べましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください