穀物に非対応の人類の遺伝子

人類がチンパンジーと分かれて700万年です。その後、アウストラロピテクス属、パラントロプス属、ヒト属、7属23種の人類が栄枯盛衰を繰り返して結局、約20万年前に東アフリカで誕生したホモ・サピエンス(現世人類) だけが現存しているわけです。

ここで大切なことは、7属23種の人類はすべて狩猟・採集が生業だったということです。つまり、農耕が始まる前の約700万年間は、人類皆糖質制限食であり、ヒトは進化に要した時間の大部分で狩猟・採集生活をしていたということです。

したがって、現世人類の行動や生理・代謝を決める遺伝子セット(DNA)は、狩猟・採集の生活条件に適応するようにプログラムされていると考えるのが自然です。

大ざっばですが、人類の歴史700万年のうち、農耕が始まって1万年なので、穀物を主食にしている期間はわずか7 00分の1 となります。

残りの期間は、人類の食生活は糖質制限食でした。くり返しますが、人類の進化の過程では「狩猟・採集期間‥農耕期間=700 :1」で、狩猟・採集期間のはうが圧倒的に長いのです。

このように人体の生理・栄養・代謝システムにおいては、糖質制限食こそが本来の食事であり、穀物に60%も依存するような食事を摂るようになったのは、ごく短期間にすぎないのです。

本来、人間は、穀物に依存するような遺伝的システムは持っていないということです。しかし、人口の増加を支えるため、やむをえず穀物が主食になっていったものと考えられるのです。

糖質制限食の基本スタンスは、長い歴史のなかで人類が日常的に摂取していたものを食べるということです。

糖質制限食でも、「適量の野菜、少量のナッツ類、少量の果物」程度の少なめの糖質量は、大昔からときどき摂取していたもので、人体の消化吸収・栄養代謝システムにおいても許容できる範囲だと思います。

山イモは、さすがに糖質含有量が多いので、正常人はともかく糖尿人はやめておくはうが無難です。正常人が、健康のためにスーパー糖質制限食を実践する場合は、糖尿人より多めの野菜、適量のナッツ類、適量の果物、適量の山イモなど球根、くらいまでの糖‥質量は許容範囲だと思います。

関連ページ:

山芋

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*