コエンザイムQ10(CoQ10)の必要性

加齢とともに減少するためサプリや食品で補う必要がある

コエンザイムQ10(CoQ10)は、細胞がエネルギーを生む出すときに欠かせない補酵素です。
心臓や肝臓、肺や腎臓などの臓器、筋肉、皮膚、脳など体のあらゆる場所に存在するのです。
もともと人体には、コエンザイムQ10(CoQ10)を作り出す仕組みがあり、20歳前後をピークにコエンザイムQ10(CoQ10)の産生量が減少する。特に40歳を過ぎると急激に減少します。
加齢による産生量減少と共に、加齢に伴う必要量が増えることが主な原因です。ただし、過度のストレス、偏った食習慣、運動不足などの影響もあるとみられています。

体内で不足するコエンザイムQ10(CoQ10)を食品で補うことも可能です。コエンザイムQ10(CoQ10)は米などの穀物、野菜、肉、魚、種実類などに広く含まれている栄養素です。ただし、有効とされている1日当たり30mg以上のコエンザイムQ10(CoQ10)を摂取するのは困難です。コエンザイムQ10(CoQ10)を多く含むイワシでも1日に5~6匹も食べないといけません。サプリメントどなどを利用するのが適しています。

コエンザイムQ10(CoQ10)を多く含む食品(100g中)

大豆油 9.2mg ナタネ油 7.3mg
ごま油 3.2mg イワシ 6.4mg
牛肉 3.1mg 4.3mg
ピーナッツ 2.7mg 2.4-4.1mg
きな粉 3.0mg イカ 2.4mg



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください