人参のカロチンも美肌にグッド

にんじんの美肌2大効果

子供には不人気な野菜の代表のにんじん。抗酸化力が強くガンも予防する力を持っています。
特に最近になって、美肌と抗アレルギー効果に注目を集めています。

暑い夏に日差しをたくさん浴びて、ダメージを受けてしまった肌に、1日1本のにんじんで痛んだ肌が修復されます。

また、花粉症でツライ人は、春の花粉時期の前に1日1本のにんじんでかなり予防できるのです。すぎ花粉の人は、花粉が飛ぶ1ヶ月前から毎日食べ続けることで効果が得られます。

こうしたにんじんの効能の鍵を握るのはなんといってもオレンジ色のβカロチンです。にんじんは、緑黄色野菜の中でもずば抜けてβカロチンの量が多く注目されています。
βカロチンは必要に応じてビタミンAに変わり、強力な抗酸化力を発揮します。

カロチン摂取の際には、αとβの2種類を一緒に摂取すると、強力に作用します。また、この2つは肌に蓄積して効果を発揮します。

にんじんの2大効果

アレルギー抑制効果 人参ジュースを継続して飲むと食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などを起こしにくい体質になっていくことが確認されています。その有効成分はカロチンであることが明らかになっています。
人参のβカロチンが免疫力を調整する2種類のヘルパーT細胞に働きかけてアレルギーを起こしにくい体質にします。体質改善のためには、にんじんを1日1本~1.5本摂取するのが適量です。
日焼けによるダメージの抑制 カロチンは肌で抗酸化力を発揮します。紫外線によって発生した活性酸素を除去し、色素沈着やシミ、しわを抑制します。

そのほかの効果として注目したいのは血管のさびを防ぐ、ガンを防ぐです。βカロチンは、体に入ると血液中のLDLコレステロールにくっついて皮膚や肝臓などへ運ばれます。このときに血管のサビつきの原因となるLDLコレステロールの酸化を抑制します。

カロチン類(βカロチン、αカロチン、リコピン)とビタミンEを同時に摂取すると、肝細胞ガンの発生が3分の1に抑制できることが確認されています。

手軽にたくさんのにんじんを摂取するには?

やっぱりジュースがお薦め。コップ1杯でおよそ2本分のにんじんがとれます。
ビタミンEを含む、ごまやオリーブオイルと一緒に取るとさらに効果的です。油があると、βカロチンの吸収力が高まります。活性酸素を排泄するときに壊れやすいβカロチンは、ビタミンEと一緒なら抗酸化力を維持することができます。
朝食ににんじんジュースを飲む習慣も健康、美肌共に効果を発揮します。どうせなら国産の安心のにんじんを使用しているものがいいでしょう。

にんじんのβカロテンは免疫力もアップします。

人参のカロチンも美肌にグッド」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「肥満」日本人は水太りが多く下半身の水が多い | 自分の免疫力で治す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください