日本製は濃度が低い?

日本では、コエンザイムQ10市販化粧品の配合は、0.03%を上限に認められています。一方、海外では、特に上限がなく顔用では0.05%前後が主流で、中には0.1%配合の製品もあります。ボディー用は0.03%で配合した製品が多いようです。ですから、濃度の高い製品を海外旅行の際に購入するのもいいでしょう。
一部、治療用目的で高濃度の製品を使っている場合もありますが、通販で購入することはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください