コエンザイムQ10の効用」カテゴリーアーカイブ

心臓の働きを高めて血液量を増やす

コエンザイムQ10(CoQ10)は人体の細胞の中に存在する補酵素。筋肉のエネルギーを生み出すATP(アデノシン3リン酸)を作り出すのに欠かせない物質。

ATPをは人体にとって必須のエネルギー。ATPが減少してしまうと筋肉の動きがスムーズにいきません。
加齢によりコエンザイムQ10(CoQ10)が減るため、年齢が若い頃よりも疲れやすくなったりします。心臓もその症状のひとつです。心臓の薬として使われてきたはこのためです。
休み無く働き続ける心臓は、最もATPを必要とします。

コエンザイムQ10(CoQ10)を飲むと、心臓の収縮力が高まり、血液の拍出量が多くなることは、古くから知られています。
コエンザイムQ10(CoQ10)を飲むと、心臓が送り出す血液量が増加し。心臓のポンプ機能が高まるために不整脈や狭心症の予防などにもつながります。